【若手社員必見!】押えておきたい会社の数字 ~財務分析超入門

資料分析
■開催日時
2018年7月24日 19:00 〜 21:00
■開催場所
ドコモベンチャーズラウンジ
お申込みはこちら

※募集開始は2週間前を予定※

新入社員の頃は”自分の業務に財務会計は関係ない”と思っていても、中堅以降になると結局何の仕事でも重要になってくるのがおカネの話・・・。
何れは必要になる財務の知識について、「若いうちからここだけは押さえておけ!」という要点に絞って解説します。
若手だけではなく、財務分析の最初の一歩を踏み出したい方のご参加もお待ちしています。

■コンテンツ:参加者には自社の財務諸表を持参頂き(非公開会社の場合はお好きな会社)、それを読み解く形で講義を進めていく。
・財務分析、なぜ重要?
・会社の数字はこう見る ~財務諸表分析入門
・これだけは最低限押えておけ!会社の状態を読み解く重要指標とは
・さらに深く読み解くために ~ステップアップするためのヒント

■対象
・会社の財務を理解する知識をつけたいが、どこから手をつけたらいいかわからない若手社員
・(若手に限らず)財務分析の勉強を始めたばかりで、要点をつかみたい方

■持ち物
・自社(もしくはお好きな会社)の複数年の財務諸表
 ※財務分析は時系列分析で「確信」がもて、「成長の循環」が読めるようになります。出来るだけ複数年(できれば5年くらい)お持ちください。
・電卓(スマホアプリでも可)

■登壇者
splendid21山本さま

(株)SPLENDID21代表取締役 山本純子

世界で初めて上場したコンサルティング会社、株式会社船井総合研究所の創業者である船井幸雄先生と、「トップコンサルタントの計数力」を共著しました。
会社設立以来13年、公認会計士向け、大規模企業向けに研修と添削実績を積み上げ、財務諸表分析の専門家として高い評価を頂いています。
多変量解析企業力総合評価分析SPLENDID21により、日々研究しナレッジを積み上げています。
2015年度より、関西学院大学大学院経営戦略研究科において「財務諸表分析講座」の非常勤講師をして後進の育成に努めています。
[経歴]
奈良女子大学卒業
公認会計士2次試験合格後、大手監査法人(現あずさ監査法人)勤務
2004年7月より現職
会計士補
関西学院大学 大学院 経営戦略研究科 非常勤講師
「財務諸表分析講座」
英国勅許公共財務会計協会名誉会員 CIPFA Honorary Member
地方監査会計技能士(CIPFA Japan)
日本公認会計士協会 近畿会 女性会計士委員
一般社団法人関西ニュービジネスモデル協議会
NBK NEW BUSINESS AWARDS 選考委員

[著書]
「トップコンサルタントの計数力」(同友館刊)
㈱船井総合研究所、創始者 船井幸雄先生共著
 
 
 
 
担当:鈴木(宏)