2018年4月9日週に実施したミートアップ/勉強会

==== 4月12日(木) 19:00~21:00 ====

ワークショップで海外事業立ち上げを0から疑似体験!海外ビジネス勉強会 第三回~海外ビジネスケーススタディ:自社事業・製品の海外展開スキームの構築~

登壇者:プルーヴ株式会社 野口慎平氏、瓜生雅樹氏、吉野靖史氏

今回の勉強会は、海外事業展開の構想固めから売り方について、海外事業展開支援の経験豊富なプルーヴ株式会社:野口氏、瓜生氏、吉野氏にワークショップ形式でレクチャー頂きました。
【講演のポイント】
・海外事業展開の構想として4つのステップで考えるとわかり易い。
 1)候補国の絞り込み、2)現地でのデプス調査により対象国決定、3)事業性評価。詳細条件設定、4)アクションプラン策定・実行
 時間がかかるのは事業性評価やアクションプラン策定だが、候補国の絞り込みや対象国決定はスピードと深さのバランスを取るためにデスクトップリサーチと現地調査を効果的に行う。

・具体的なマーケティングプランを固めていくためには、マーケティングの4Pに加え、日本の常識等の先入観を排除するためにCAGEフレームワークを使うとわかり易くなる。整理をした後は実際に現地に行って体で感じながら考えていく。

・あとは出来るだけ早く法規制や商習慣におけるノックアウトファクターがないかを確認することやチーム内での方針を誰でも理解できるシンプルな情報・ロジックで企画を推進する事などが重要になる。