私たちは'協創'を推進します
 
 

Fintech

現金から電子マネーへ急激なシフト、さらには仮想通貨、ブロックチェーン、ロボアドバイザー、ソーシャルレンディングなどが、既存の枠組みに当てはまらない金融イノベーションを起こし始めています。

コミュニケーション

ICTの高度化によって、コミュニケーションの多様性が広がっています。さらにテレワークやAR/VRなど新しいコミュニケーション形態が次々と現実化しています。

セキュリティ

テクノロジーの進化とセキュリティの進化は密接にかかわっており、通信技術に限らず、自動車、ドローン、IoTや決済など、幅広い分野でそれぞれの特性に適したセキュリティが求められています。

メディアコンテンツ

スマートフォンの世界的な普及によって、コンシューマー・ジェネレイテッド・メディアが発達し、それに伴い国境や言語を超えて情報が発信できる強力なプラットフォームが次々と生まれています。

BigData

サーバーに蓄積されたBigDataと呼ばれる膨大なデータ群から新しい発見が生まれています。また、データサイエンティストが持つノウハウをシステム化し、誰もが簡単にデータ分析ができるサービスが生まれるなど、関連技術も進化しています。

クラウド

クラウドによる柔軟な拡張性にはまだ多くの可能性が残されています。今後IoT、AI、BigDataを支える技術として、また電子行政サービスの基盤として重要性が高まりつつあります。

IoT・ドローン

IoTはB2B、B2Cの幅広い分野で普及が広がっており、ドローンは災害時の現場視察や農業でも活用されるようになりました。今後は自動運転などのモビリティ分野での活用も広がります

マーケティング・広告

カメラやセンサーといったデバイス、画像・動画やその解析技術が組み合わさり、これまでよりもきめ細かく正確な顧客理解やマーケティング手法が生まれています。

メディカル・ヘルスケア

健康・予防サービスの成長余力は極めて大きく、医療・介護費用の適正化は社会問題となっています。パーソナルヘルスレコードの活用や医療介護分野での積極的なテクノロジーの利用が求められています。

  • 株式会社GENOVA
  • 株式会社メドレー
  • 株式会社ミルテル
  • 株式会社グッドサイクルシステムズ

ロボティクス

ロボットは生産現場、建設現場などの産業用、コミュニケーションツールとしての家庭用、介護や手術といった医療用など、様々な場面での利用が期待されています。複合的な領域から成る要素技術も大変重要です。

電力・電池

素晴らしいテクノロジーやサービスであっても、バッテリー寿命やエネルギーの供給方法は常に課題です。安全で、従来より効率的な電力使用に関する技術や自然環境に配慮した発電方法が注目されています。

AI

人間しかできなかったことをシステムが代替することで、正確性の向上や無人による自動化が期待できます。自動運転、音声解析、動画認識などの分野で目覚ましいテクノロジーの進歩が起こっています。

Enterprise

ビジネスの効率化や付加価値を高めるソリューションを持つスタートアップが次々登場しており、ITを活用したテクノロジーやサービスが既存ビジネスの成長を加速させています。

教育

教育分野では生涯に亘って学び続ける力や主体的に考える力を磨くアクティブ・ラーニングや、個々の生徒にあわせて最適な学習内容を提供するアダプティブラーニングの関連技術が注目されています。