• ニュース
  • 2019.3.14
    報道発表資料

    株式会社NTTドコモ
    株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ

    健康・行動検知による遠隔モニタリングサービスの実現に向けた協業を開始
    ~NTTドコモ・ベンチャーズを通じ、米テラス・ユー・ケア社へ出資~

     株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、高齢者などの遠隔見守りを目的とする遠隔モニタリングサービスの実現に向け、Tellus You Care, Inc.(以下、テラス社)と、同社が開発する小型の室内設置型健康行動(睡眠、歩行、脈拍、転倒など)検知装置を活用したソリューションの実証実験を2019年4月以降に神戸市から開始し、順次拡大する予定です。本協業に向け、ドコモは100%子会社である株式会社NTTドコモ・ベンチャーズを通じて、テラス社に2018年11月27日(火)に出資いたしました。

     本実証実験は、1人暮らしの高齢者宅や高齢者施設入居者の居住室内に専用の小型装置を設置し、高齢者の歩行・睡眠中などの行動状態、および呼吸数・脈拍数などの健康状態について、小型装置から発せられる電波(レーダー波)をもとに検知・判定するものです。取得したデータをもとに、家族や施設関係者のスマートフォンなどに、高齢者の状況を速やかに配信します。テラス社が開発した小型装置はコンセントに挿すだけで利用可能なため、日本の一般的な住宅の1部屋に1台設置するだけで、家族など見守る側へ検知した情報を共有します。

     従来はウェアラブルデバイスやカメラを用いる健康行動検知が一般的でしたが、本実証実験では高齢者が常にデバイスを装着する必要がなく、カメラでの撮影におけるプライバシーへの配慮も必要ないため、高齢者への負担が少なく、手軽に遠隔での状態管理を実現することが可能となります。
     さらに、高齢者の異常事態を遠隔で早期発見できるソリューションを実現することで、不測の事態を抑止するとともに、ご家族による高齢者の安心安全の確保や、施設・行政等における介護などの業務の効率化にも貢献します。

     今後ドコモは、お客さまとドコモの研究開発部門・法人営業部門の三位一体のチームが社会やお客さまの課題解決を図る取り組み「トップガン®」のもと、本実証実験の精度向上や実利用時における改善点の検証に取り組んでまいります。またテラス社と本実証実験結果を共有することで、本ソリューションの早期実用化ならびに健康管理や施設安全管理などの幅広い分野への水平展開を検討し、さまざまなお客さまの課題解決に活用してまいります。

    *「トップガン」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。

    別紙1 本実証実験概要
    別紙2 テラス社の概要

    本件に関するお問い合わせ先

    株式会社NTTドコモ イノベーション統括部
    TEL:03-5156-1083

    株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ
    TEL:050-9012-1900