• ニュース
  • 2019.2.19
    報道発表資料

    株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ

    Shoof Technologies,Incへの出資について

     株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:稲川尚之)は、同社の運用するファンドを通じて、産業用IoT向けの位置情報管理ソリューションを提供する米国のスタートアップ企業であるShoof Technologies,Inc(本社:米国カリフォルニア州サニーベール CEO:Ra’ed Elmurib、以下Shoof)に対して出資を実行しました。

     近年物流市場において、遠隔にあるモノの位置をリアルタイムに管理に対する需要が高まっています。屋外の位置情報取得には主にGPS情報が一般的ですが、詳細な位置推定を必要とするサービスには適していません。また屋内ではRFIDタグやBluetoothを用いたソリューションが多く使われていますが、タグと読み取り機の距離が最大数十メートルほどで、大規模なアセット管理には適さない課題がありました。

     Shoof社は物流市場向けに特別に設計された高度なワイヤレス技術を開発し、大規模かつ屋内での、物流資産のデータを、簡単かつ低コストで収集することを可能にします。物流資産をリアルタイムに管理するためのクラウドプラットフォーム、基地局、タグを含むシステムをトータルで提供します。また、基地局とタグの間に独自通信プロトコルを用い、長距離通信とブロックチェーンを用いた高セキュリティを実現しました。なお、タグの電池交換頻度は数年間であり、メンテナンスにかかるコストも削減できます。

     現在、Shoof社は商品開発や、自動車製造業、空港、物流業社等の顧客とのトライアルを実施しています。本出資によって、Shoof社のビジネス成長を加速させていくとともに、今後、NTTグループが提供している位置情報ソリューションとの連携や、新たなサービスの創出など、IoTビジネスにおけるお客さまへの価値創造に向けて取り組んで参ります。

    ※記載の社名、商品名は各社の商標または登録商標です。

    本件に関するお問い合わせ先

    株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ
    TEL:050-9012-1900