• ニュース
  • 2019.2.6
    報道発表資料

    株式会社NTTドコモ
    株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ

    5G時代に向け、モバイルを活用したゲームストリーミングサービス展開を支援 ~NTTドコモ・ベンチャーズからHatch Entertainmentへ出資~

     株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、ドコモの100%子会社である株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ(以下、NDV)を通じて、モバイル向けゲームストリーミングサービスを手掛けるフィンランドのベンチャー企業「Hatch Entertainment Ltd.」(以下、Hatch社)に、2019年2月4日(月)に出資いたしました。
     また、ドコモは、2020年に商用サービス開始をめざす第5世代移動通信方式(以下、5G)を見据え、Hatch社※1が2019年2月13日(水)から日本国内で提供開始予定のゲームストリーミングサービス「Hatch」※2の日本国内におけるサービス展開について業務提携し、日本国内での「Hatch」普及と世界中のプレイヤーが日本のゲームも手軽に楽しみ、対戦できるサービスの展開を支援いたします。
     
     今回ドコモとHatch社が業務提携したことにより、日本のプレイヤーは、dアカウント®を使って「Hatch」のサイトにログインすることで世界中のゲームを容易に楽しめるようになり、他のプレイヤーとゲームスコアを競ったり、マルチプレイ機能を使って対戦したりすることが可能となります。
     また、日本でのサービス提供開始にあわせて、「Hatch」はスマートフォンだけでなく、「ドコモテレビターミナル™」にも対応します。「ドコモテレビターミナル」では、プレイヤーのスマートフォンをコントローラーとして利用することができるため、外出先ではスマートフォンなどのモバイル端末、家庭では「ドコモテレビターミナル」をご利用いただくというように、場所や目的に合わせて最適な方法でゲームをお楽しみいただけます。

     今後ドコモは、日本国内での「Hatch」普及に向けて取り組むとともに、世界中のプレイヤーが日本の人気ゲームを楽しめる環境の実現に向けて、日本のゲームコンテンツ提供企業との連携を進めてまいります。また、5Gの特長である「高速・大容量」「低遅延」「多数端末との接続」を活かした新たなエンターテイメントの提供をめざすことにより、お客さまの毎日が楽しく、便利になるよう努めてまいります。

     なお、2019年2月15日(金)~17日(日)に福岡国際センターで開催予定の世界最大規模のeスポーツ※3イベント、対戦格闘ゲームトーナメントである「EVO Japan 2019」にて、「Hatch」サービスをご体験いただけます。

    ※1 Hatch社は、世界的に大ヒットした人気ゲーム「Angry Birds(アングリーバード)」を開発したフィンランドの「Rovio Entertainment Corporation」から誕生したベンチャー企業です。
    ※2 「Hatch」は、スマートフォン、タブレット、テレビ向けのゲームストリーミングサービスです。「Hatch」アプリをダウンロードするだけで、月額550円(税込)で約100種類以上を超えるゲームタイトルを楽しむことが可能となります。
    ※3 「eスポーツ」とは、「エレクトロニック・スポーツ(electronic sports)」の略称で、広義には、電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般を示す言葉であり、コンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える際の名称です。

    * 「dアカウント」「ドコモテレビターミナル」は、株式会社NTTドコモの商標または登録商標です。
    * 掲載されている会社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

    参考1 「Hatch」のサービス概要
    参考2 会社概要

    本件に関するお問い合わせ先

    株式会社NTTドコモ 広報部
    大和田・吉松
    TEL:03-5156-1366
    FAX:03-5501-3408

    株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ
    舞野・ダオ
    TEL:050-9012-1900