• ニュース
  • 2018.2.20
    報道発表資料

    株式会社NTTドコモ
    株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ

    ドコモ、タブレットを活用した学校教育分野向けサービス拡充をめざす
    ~NTTドコモ・ベンチャーズを通じ、株式会社forEstへ出資~

    株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、ドコモの100%子会社である株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ(以下、NDV)を通じて、株式会社forEst(フォレスト)(以下、forEst)に、2018年1月31日(水)に出資いたしました。

    forEstは、ドコモとNDVが実施している革新的な技術やサービスを持つベンチャー企業とNTTグループ企業がパートナーシップを築き、イノベーションを協創するオープンイノベーション推進プロジェクト「ドコモ・イノベーションビレッジ」のアクセラレーションプログラムの第二期※1卒業生となります。このプロジェクトを通じ、タブレット端末向けの電子書籍プラットフォーム「おせっかいな問題集ATLS(以下、アトラス)※2」を開発しました。
    アトラスは、教科書出版社大手の啓林館をはじめとした提携出版社の教科書や問題集などの教材をデジタル化したものに、クラウドによる宿題管理、およびユーザーの学習履歴をもとにパーソナライズされた学習サポート機能を持たせ、2017年4月から教育機関向けに販売を開始しております。

    自治体や私立学校は、2020年以降の新学習指導要領※3の全面実施に向けて、教育用コンピュータ※4などのICT環境の整備を進めており、今後多くの自治体や私立学校では、さらに配備台数を拡大するとともに、利用用途も広がっていくことが見込まれます。
    アトラスを導入することにより、教師は宿題のプリント作成や配布、回収が不要になり、回答状況をいつでもクラウド上で参照できるなど宿題管理業務を効率化できます。また生徒は、学習履歴をもとに自分の不得意部分の対策ができるなど、効果的な学習が可能となります。

    ドコモは、学校教育分野において、タブレットなどのICT環境の整備に加え、学校教育の価値向上、教職員の業務効率化を支援するため、アトラスなどのforEstが持つ学力向上や学習管理効率化のノウハウをICT環境の整備、利活用の提案に役立ててまいります。

    今後もドコモは、教育分野における「beyond宣言」の実現に向けて、forEstをはじめとしたベンチャー企業と、教育現場における最適な教育ICTソリューションの導入・普及に取り組んでまいります。

    ※1 第二期は2013年11月~2014年3月までとなります。
    (https://www.nttdocomo-v.com/div/)
    ※2 営業期間10か月でトライアルを含む高校50校以上で導入が決まっております。
    ※3 新学習指導要領の全面実施とは、文部科学大臣が、子どもたちの「生きる力」を育むために、学校、教育委員会、保護者、 地域の方々などに対して理解と協力をお願いするものです。
    (http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/__icsFiles/afieldfile/2017/05/12/1384662_1_1.pdf)
    ※4 タブレット型も含んでおります。

    本件に関するお問い合わせ先

    NTTドコモ広報部: 豊田・山谷
    TEL:03-5156-1366 FAX:03-5501-3408

    NTTドコモ・ベンチャーズ: 安元
    TEL:050-9012-1900 FAX:03-3568-2426