ブロックチェーンは結局何の役に立つのか、何に使えるのか?

■開催日時
2018年11月20日 19:00 〜 21:00
■開催場所
NTTドコモ・ベンチャーズ ラウンジ(アーク森ビル31階)
お申込みはこちら

【概要】
 様々なブロックチェーン技術が開発され、仮想通貨のみならず、ビジネスへの応用も様々な検討がなされています。一方で、ガートナーの最新のハイプ・サイクルでは、幻滅期に差し掛かっています。
 一体なぜ、何が起こっているのか。そして、ブロックチェーンの本質、つまり結局のところブロックチェーンとは何者なのかをお話します。ブロックチェーンという言葉や雰囲気に翻弄されることなく、ブロックチェーンを理解していただきたいです。

【プログラム】
 ・自己紹介、会社紹介
 ・ブロックチェーンの最近の動向概要
 ・ブロックチェーンの本質
 ・新型プラットフォームBBc-1の紹介

【対象】
 ・ブロックチェーンのことが気になっていて、何かを始めたいと考えている方
 ・ブロックチェーンを使って何か新しいことをするよう求められている方
 ・ブロックチェーンの本質に迫りたい方

【プロフィール】
久保健氏
大阪出身。株式会社ゼタント代表取締役/一般社団法人ビヨンドブロックチェーン理事。

大手通信会社の研究所で分散システムやネットワーク技術、ゲーム理論などの研究を行ったあと、企画部門で大規模通信インフラ(Voice over LTE)導入のプロジェクトマネジメントに従事しました。さらに、若手がチャレンジできる風土を醸成するための治外法権的(?)特殊プロジェクトを創設し、自らもメディアアートや卓上ロボット開発、金融システムの研究を行いました。
 それに飽き足らず、さらなるチャレンジを求めて独立し、気がつけば新型ブロックチェーンプラットフォームBeyond Blockchain-1 (BBc-1)のメイン開発者になっていましたが、あくまで趣味の位置づけです。本業では、技術者・研究者も報われる会社を目指し、セキュリティ技術を用いたサービスを開発しています。