VRが企業や地方を救う!? バーチャル空間を使った最新事例

■開催日時
2019年3月1日 19:00 〜 21:00
■開催場所
お申込みはこちら

リアルな学校を超える世界初の仮想空間上の学校「VRschool」などを運営する株式会社テンアップ 金谷代表と、シリコンバレー発のテック・ガジェット関連メディア『Ubergizmo Japan』を展開する株式会社メディアインキュベート 浜崎代表をお招きし、VRの最新事例についてお話しいただきます!
さらには、一般社団法人CiP協議会 大坪様、ドコモのXRテレプレゼンス・ミーティング開発担当者も登壇し、最新VR事情をご紹介します!
         
<登壇者メッセージ>
非常に面白い体験ができるVR。でも、なかなかVRをビジネスにすることができないのが現実です。
仮想空間上にVRschoolという学校を作って実際に運用をしてみると仮想空間だからこその良さが沢山出てきました。
生徒の中には成績が急激にUPしたり、テストの点数を上げるための思考回路が急に身についたり。
それらの成果の裏にはVRならではの効果もあれば、もともとあった技術がVRによって実現されるようになったり…
VRに詳しい人も、VRがはじめてな人も是非ご参加ください。
あたらしいバーチャルな世界にビジネスやプライベートの悩みが解決できる何かがあるかもしれません。

<アジェンダ>
■Ubergizmoとはどんなメディアなのか(Ubergizmo Japan運営・浜崎様)
    テクノロジーメディアから見るVRはこれからどうなるのか
■VRで行うVRschoolから感じた未来感について(テンアップ・金谷様)
    ①VRで学校を作ってみた
    ②バーチャル? リアル? VRの融合方法について
    ③学習でVRの方が効果のあった事例
    ④アバターだからこそ効果のあるコミュニケーションとは?
■質疑応答
■VRschoolから想定できるVRの活用方法がある業界とは?
    観覧者と一緒に考えるVRの世界観。
    モデレーター:Ubergizmo Japan運営・浜崎様
    パネラー:・テンアップ・金谷様、泉様
         ・一般社団法人CiP協議会 大坪様
         ・NTTドコモ 移動機開発部 第二イノベーション推進担当 担当課長 的場
■ネットワーキング
 
 
 
<登壇者>

金谷建史 氏
株式会社テンアップ 代表取締役

代表の金谷は祖父がコンピュータ会社を営んでいたことから、 幼少期からVRやロボットに触れることのできる
環境で育つという少し変わった少年期を過ごします。高校・大学とスポーツに明け暮れる毎日でしたが、社会人1年目に、
すっかり忘れかけていたVRの企画が再び目の前に現れました。 (当時はハードや通信の問題で流行ることはありませんでした)
そして時代は過ぎて2014年。
たまたまOculus社が開発したVRゴーグルを体験する機会に恵まれ、装着してみると、 そこには幼少期や社会人1年目に
体験したVRとはまったく違う世界がそこにはありました。

また、同時期に東京大学の法学部・医学部出身の2人が運営する「脳科学をベースに短期間で成績を上げること」を目標とした
『典和進学ゼミナール』(現在:当社グループ)と出会い、脳科学とVRの相性が良いことに気がつきました。

そして翌2015年、東京大学薬学部出身・全国珠算コンクール7位の長谷川(現在:当社取締役)と脳科学×VRの研究を開始。
2016年には上場経験のある高橋(現在:当社取締役)と出会い、この研究を事業にしようと株式会社テンアップを創業。
現在は多くの仲間やグループ会社と共に「人の可能性を10倍」するサービスを開発・展開。
 
 

大坪太郎 氏
一般社団法人CiP協議会 理事長特命担当

大学時代にコンピューターネットワークによる社会、生活の変化の 可能性を感じ、当時、パソコン通信事業者であったニフティ株式会社に入社、会員向け情報誌編集、ポータルサイト運用、サービス企画などを担当。インターネットの普及課 程の最前線で活動する。
2008年、デザイン、テクノロジー、マネジメント、ポリシーの 4分野横断で実践的なリアルプロジェクトを推進する慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科に1期生として入学。インターネットプロトコルによる放送コンテンツ配信 を実現するためのコ ンソーシアム「IPDCフォーラム」の設立を推進。
その後、毎日新聞社にて、NOTTVコンテンツとして、世界初の 放送波による新聞コンテンツ配信を実現。また同社では、教育、ネット選挙など新聞のデジタル領域を広げる 事業に挑戦。2017年より現職。
港区竹芝地区の再開発に伴いデジタル×コンテンツの産業集積をミッションとするCiP 協議会にて、ベンチャー支援、特区事業推進、国内外連携などを担当。

浜崎正己 氏
株式会社メディアインキュベート (Ubergizmo Japan運営) 社長

2016年3月30日、生まれて10,000日目に株式会社メディアインキュベートを設立。
メディアの立ち上げと運用支援し、デジタル化、新規事業開発を推進。

2017年2月13日に50%出資で、携帯販売や、イベント事業を行う株式会社サケドアインキュベート(現在、株式会社ランプコア)を設立。
また、レストラン、食品、食材、食に関する動画配信の日本ソーシャルテレビジョン株式会社の取締役や、
通信放送領域の産官学で新しいブロ-ドバンド サービス・ビジネスを開花させるNPO法人ブロードバンド・アソシエーションの事務局次長、
インフルエンサーの支援事業を行う株式会社Omnibusの代表取締役も兼務。

いずれもメディア事業に関わっており、ティー・クリエイション株式会社の社長に就任し、
アメリカ・シリコンバレー発のテック・ガジェット関連メディア『Ubergizmo Japan』を(https://jp.ubergizmo.com/)展開。

『Ubergizmo』とは?
2005年『Ubergizmo』(http://ubergizmo.com)はアメリカ・シリコンバレーのパロアルトでローンチし、その後すぐにアメリカ国内で影響力のあるトップコンシューマー・エレクトロニクスWEBメディアに成長しました。
現在では、アメリカのほか、ドイツ、フランス、スペイン、イタリアに、今回の日本を加え、6カ国(6言語)でサービスを展開。世界各国のガジェット、スマートフォン、ゲーム、テクノロジー、ホームエンターテイメント製品などの情報を毎日配信しています。

的場 直人
株式会社NTTドコモ 移動機開発部 第二イノベーション推進担当
担当課長 博士(情報学)

1994年NTT入社。無線システムの研究開発や第4世代移動通信の国際基準化活動に従事。その後、端末ソフトウェアの導入、海外のオペレータやベンダと協力した新モバイルOSの立ち上げ、2015年よりVRの事業化、VR関連技術開発に取り組んでいる。

——————————
担当:鈴木(宏)