都市型 MaaS がもたらす生活者の行動変容

■開催日時
2020年2月12日 18:50 〜 21:30
■開催場所
NTTドコモベンチャーズラウンジ
申込みはこちらから

☐イベント内容
第二回は「都市型 MaaS」に注目しクローズアップをしてイベントを開催いたします。
CES では Mobility と City の在り方に注目が集まりました。
5G 元年で Mobility から更にデータが集まり、そしてそのデータを活用した街づくり、人の生活への還元の流れが加速していきます。
欧州では都市の人口集中、気候変動、エネルギー問題の解消といった社会課題を解決するために “MaaS と都市計画”を組み合わせ、実際に都市の形を変え実例も生まれております。

今回のイベントでは現在注目を集め議論がされている都市型のMaaSに関係する有識者に取り組みを講演、そしてパネルディスカッションにて、なぜ今日本で都市型のMaaSに注目が集まるのか、どんな未来が待っていて、我々の生活がどんな風に変わるのかを明らかにしていきます。

イベントを通して、参加者への皆様へMaaSでのビジネスチャンス、登壇者とのコネクションと新たなビジネスネットワークをご提供いたします。

☐対象
・MaaS でのビジネスを検討しているスタートアップ
・MaaS 関連の新規事業開発担当者

☐プログラム
18:50 ~ 19:00 NTT DOCOMO Venturesの紹介(井上 正裕)
19:00 ~ 19:20 MaaS Tech Japan 様 ご講演(日高 洋祐 氏)
19:20 ~ 19:40 ドコモ・バイクシェア様 ご講演(武田 有紀 氏)
19:40 ~ 20:00 京浜急行電鉄様 ご講演(橋本 雄太 氏)
20:00 ~ 20:20 三井不動産様 ご講演(林崎 豊 氏)
20:20 ~ 20:50 パネルディスカッション
20:50 ~ 21:15 ネットワーキング
21:30 イベント終了

 

☐登壇者紹介
株式会社MaaS Tech Japan

 

 

 

 

 

 

 

MaaS Tech Japan 代表取締役
日高 洋祐 氏
経歴
2005年、鉄道会社に入社。ICTを活用したスマートフォンアプリの開発や公共交通連携プロジェクト、モビリティ戦略策定などの業務に従事。14年、東京大学学際情報学府博士課程において、日本版MaaSの社会実装に向けて国内外の調査や実証実験の実施により、MaaSの社会実装に資する提言をまとめる。現在は、MaaS Tech Japanを立ち上げ、MaaSプラットフォーム事業などを行う。国内外のMaaSプレーヤーと積極的に交流し、日本国内での価値あるMaaSの実現を目指す。共著に『MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ』(日経BP社)がある

株式会社ドコモ・バイクシェア

 

 

 

 

株式会社ドコモバイクシェア 取締役 経営企画部長
武田 有紀氏
経歴 2019年 7月〜ドコモバイクシェア

京浜急行電鉄株式会社

 

 

 

 

 

京浜急行電鉄 新規事業企画室
橋本 雄太氏
経歴
新聞社、外資系コンサルティングファームを経て、現職。オープンイノベーションによる新規事業創出を目指し、アクセラレータープログラムを企画・運営、オープンイノベーション拠点「AND ON SHINAGAWA」の立ち上げ、スタートアップへの投資など、主にスタートアップとの事業共創を進めている。

三井不動産株式会社

coming soon

三井不動産株式会社 経営企画部 ビジネスイノベーション推進グループ 主事
林崎 豊
経歴
2009年入社。横浜支店にて既存住民と住宅購入者、両者が住みやすい街をテーマに住宅開発を行う。
その後、法人・個人営業の企画・管理、新規事業企画の担当を経て現職。
2019年より街づくり×MaaSの可能性を具現化すべく日々、奮闘中。