2月4日週のレポート:イノベーション創出に向けた『働き方改革』~イノベーション組織の6つの要素~

==== 2月5日(火) 19:00~21:00 ====

イノベーション創出に向けた『働き方改革』~イノベーション組織の6つの要素~

登壇者:株式会社U’eyes Design 高橋 祥 氏、竹中 薫 氏

「イノベーションを創出しやすい組織経営・組織のマネジメント方法」について実例やワークを交えながらご紹介していただきました!
【講演のポイント】

1)イノベーションとアウトカム
アウトカムとは、行政や医療の現場で使われるようになった言葉で、施策により発生する本質的な効果・成果を意味する。例えば認知症の方をウェイターやウェイトレスとして雇っているレストランがあり、注文ミスを含めたサービスとして提供されている。この例におけるアウトカムは売上というよりも認知症の方でも周りの理解やサポートがあれば他人のために仕事が出来る、という気付きを与える事にある。このようなアウトカムにつながるアイデアを持った時、それを同僚に伝え、納得してもらう努力・環境がイノベーションには必要不可欠である。

2)組織の成功循環モデル
組織の成功循環モデルは、関係の質←→思考の質←→行動の質←→結果の質のサイクルをうまく回すことである。Googleの研究により生産性の高いチームを作るためには最高の人材を集めることではなく、お互い何でも言い合える関係、すなわち心理的安全性を作ることが最も重要であることが明らかにされている。組織の成功循環モデルを円滑にするためには、この心理的安全性を作ることが大切である。

3)イノベーションの6つの要素
イノベーションには好奇心、失敗を恐れない気持ち、変革が必要で、これらを整えるために、利他的なアイデアである大義、尊重される多様性、何でも言い合える心理的安全性を整えるなければならない。これら6つの要素がイノベーションに繋がる。

勉強会概要はこちら