Villageコミュニティ

イノベーションの創出手法を学ぶ~イノベーションマップから始めるアウトカムデザイニング/脳機能の働きからみたイノベーション創出の思考法

 今回の勉強会は、2部構成になります。
第1部:「イノベーションマップから始めるアウトカムデザイニング」
 登壇者:株式会社U'eyes Design竹中様

第2部:「脳機能の働きからみたイノベーション創出の思考法」
 登壇者:株式会社U'eyes Design田平様

お二人にイノベーションについて講演頂きます。是非、ご参加ください。

申込みはこちら

<概要>
日時:2017年3月7日(火)18:30~20:00頃
場所:ドコモベンチャーズ ラウンジ
港区赤坂一丁目12番32号 アーク森ビル31階
https://www.nttdocomo-v.com/company/access/

第1部
タイトル:イノベーションマップから始めるアウトカムデザイニング

①アジェンダ:
 1.イノベーションの理解と整理のためのイノベーションマップ
 2.事例から学ぶ、イノベーションの在り方とは
 3.イノベーションマップを活用したイノベーションの創出
 4.アウトカムデザインとイノベーション

②プロフィール


竹中 薫氏 (Kaoru TAKENAKA)
プロダクトデザイナー、UXデザイナーを経て、現在は、株式会社U'eyes Design
デザイニング・アウトカムズ研究所 主幹研究員。
飲料、化粧品、車載情報機器などの新機軸開発、プロ野球ファンサービス、介護施設、Eラーニングなど、各種サービスデザインに従事した経験を活かし、イノベーション創出をサポートするための共創プログラム、自己組織化支援およびツール開発に 関わる研究を行っている。

③メッセージ
 ステークホルダー全員がイノベーションという言葉の持つイメージを明確にして、ゴールを共有してイノベーションに取り組めるようになるために、ぜひイノベーションマップを活用してください。

第2部
タイトル:脳機能の働きからみたイノベーション創出の思考法

①アジェンダ
 1.脳の二重過程説から人間の心理・行動の原理を知る。
 2.変わるのは自分 ~メソッドを変えるのではなく、自分の思考癖を改める。
 3.観察して疑う ~時代の趨勢を見つめ直し、目の前にある常識を疑う。
 4.責任を負う ~消費者におもねるのではなく、企業の姿勢と自分の使命で消費者を導く。
 5.巨人の肩の上に立つ ~7割パクリ、3割オリジナルで十分新しい。
 6.生活目的とそれに投入する生活資源のバランスに着目してデザインする。


②プロフィール


田平 博嗣氏(Hirotsugu TAHIRA)
博士(工学)
株式会社U'eyes Design 専務取締役
同社デザイニング・アウトカムズ研究所所長
相模女子大学学芸学部非常勤講師
専門はヒューマンファクター。イノベーション創出支援の
デザインコンサルティングに従事。
著書
共著に、消費者行動の科学(東京電機出版局)、サービス工学―51の技術と実践(朝倉書店)、
UX × Biz Book
-顧客志向のビジネス・アプローチとしてのUXデザイン-(マイナビ出版)など。

論文等
・日本人間工学会大島正光賞(2009/6)
 高齢者を対象とした駅の案内表示のユーザビリティ調査:認知機能低下と駅内移動行動の関係の分析(共著)
・Best Research Paper Award,The 5th World Conference for Graduate Research in Tourism, Hospitality and Leisure(2010/5)
 A Cognitive Chrono-Ethnography Study of Visitors to a Hot Spring Resort, Kinosaki-onsen(共著)

③メッセージ
イノベーション創出のためには、新しい組織体制、新しいメソッド、新しいプロセスの導入だけでは実現しません。イノベーション創出に関わる方々の従来からのビジネスの思考癖や仕事習慣の刷新も必要です。それを脳機能の観点から説明したいと思います。

申込みはこちら