• ニュース
  • 2018.8.30
    報道発表資料

    株式会社NTTドコモ
    株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ

    エッジコンピューティングを活用した映像IoTソリューションの実現に向けた実証実験を開始
    ~NTTドコモ・ベンチャーズを通じ、Cloudian Holdings Inc.へ出資~

     株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、防犯カメラや監視カメラで撮影した映像データの認識や解析を、エッジ内で完結させることを可能とする新たな映像IoTソリューションの実現に向けた実証実験を開始いたしました。また、AI処理を高速に行うGPU(画像処理半導体)を内蔵し、カメラ接続、LTE/Wi-Fi®通信機能を搭載する屋外・屋内用小型装置「CLOUDIAN AI BOX」を活用した共同ソリューション検討の促進に向け、Cloudian Holdings Inc.以下、Cloudian)に対し、ドコモの100%子会社である株式会社NTTドコモ・ベンチャーズを通じて、2018年7月30日(月)に出資しました。

     Cloudian は日本で生まれ、現在はシリコンバレーに本社を置くベンチャー企業です。数百テラバイトからペタバイト超級の映像・画像・ログといった非構造化データマネジメントのために、国内外のクラウドサービスやエンタープライズITが採用するオブジェクトストレージ製品「CLOUDIAN HYPERSTORE」と、GPUおよびLTE/Wi-Fi通信モジュール内蔵、防水・防塵・落雷対策済、AI/IoT用エッジコンピューティング装置「CLOUDIAN AI BOX」を開発提供しています。

    CLOUDIAN AI BOX(屋内用) CLOUDIAN AI BOX(屋外用)
    CLOUDIAN AI BOX(屋内用) CLOUDIAN AI BOX(屋外用)

     防犯カメラや監視カメラで撮影した映像データの認識や解析は、セキュリティー、製造工程における検査、人物検知、店舗におけるマーケティング活用など、幅広い分野への応用が期待されています。しかしながら、大容量の映像データを全てクラウドに転送して処理すると、転送時間がかかって遅延が大きくなるほか、クラウドや回線の負担が過大になるという課題がありました。

     そこで、ドコモは本実証実験を通じてエッジ内で処理を行い、クラウドにて補填する構成とし、最適なIoTネットワークの提供を検討します。まず防犯・監視カメラなどのソリューションを検討するため、技術検証および実証実験を開始します。具体的には、「CLOUDIAN AI BOX」にカメラ制御・映像管理、または映像解析・映像認識する機能を持たせることにより、電源さえあれば、既存のカメラが再利用可能で、かつ、有線施設工事などが不要となり、そしてデータ転送を極力行わない映像IoTソリューションを検討します。

     今後のIoT・5Gネットワークの構成要素の一つとして、エッジコンピューティングは必須技術になると期待されています。本映像ソリューションの実現により、将来的には、映像だけでなく3D空間認識などの大容量データもエッジで処理でき、汎用的なエッジコンピューティング技術として、これまで設置できなかった場所にもカメラを設置することが可能となります。ドコモは新たな映像IoTソリューションの実現により、監視カメラソリューションをより進化させ、安心安全な社会の実現に寄与してまいります。

    *「Wi-Fi」は、Wi-Fi Allianceの商標または登録商標です。

    参考 「エッジヘビーコンピューティング」のメリット
    別紙 本実証実験における映像IoTソリューションの構成 

    本件に関するお問い合わせ先

    株式会社NTTドコモ
    法人ビジネス本部 IoTビジネス部
    サービス推進 第一サービス推進
    TEL:03-5156-3200

    株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ
    ダオ・舞野
    TEL:050-9012-1900