• ニュース
  • 2014.2.25
    イベント主催

    NTT DOCOMO Ventures OPEN Event
    <起業家必見シリーズVol.4>
    ベンチャー企業のM&A戦略

    企業の経営戦略の1つに出口(Exit)戦略があります。上場をして市場から資金調達するのか、非上場のまま利潤追求するのか、もしくはM&Aによって創業者利益を得たり、事業展開を加速させるのか。。事業の内容や経営者の意思によってその戦略は異なりますが、今回の起業家必見シリーズではベンチャー企業のM&A戦略をテーマにとりあげます。

    前半ではベンチャーM&Aアドバイザーを多数手がけられているブルームキャピタル宮崎淳平氏を講師に迎え、M&Aに関する基礎知識、事例を講演いただきます。後半では実際にM&Aにおいて会社を売却したご経験をお持ちの方々をゲストにお迎えし、パネルディスカッションを行います。

    起業家なら絶対に押さえておくべき内容満載です。ぜひご参加ください!

    ■ゲスト登壇者
    <モデレーター>
    株式会社ブルームキャピタル 代表取締役社長 宮崎 淳平 氏

    <パネリスト>
    株式会社オプト 執行役員CFO 工藤 正通 氏
    株式会社コンテンツワン CTO 橋本 謙太郎 氏
    サムライ・インターナショナル株式会社 代表取締役 岡田 塁 氏

    ■イベント開催日程
    2014年2月25日(火) 18:30開場、19:00開始

    以下、イベントレポートです。





    企業の経営戦略の1つにExit戦略がありますが、IPOによって市場から資金調達するケースとM&Aによって売却先から資金調達するケースがあります。今回は”M&A戦略”にフォーカスしたイベントを開催しました。

    今回の起業家必見シリーズでは、ベンチャーM&Aアドバイザーを多数手がけられているブルームキャピタル代表取締役の宮崎さんにM&Aの基礎知識を教えていただきました(セッション時間を30分以上オーバーするほど熱く語っていただきましたよ)。またパネリストには買収経験のあるオプトCFO工藤さん、売却経験のあるコンテンツワンCTO橋本さんとサムライ・インターナショナル代表取締役岡田さんに、両視点から【M&Aを選択するべき指標】について語っていただきました。
    ⇒買い手と売り手の情報格差を最小限にすることが、M&Aの統合成否を左右する重要な要素のひとつ!とのこと。