カーボンフリーな未来の実現を目指すクライメートテックカンパニーbooost technologies株式会社への出資について | 株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ

News

2022.2.2
出資

株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ

カーボンフリーな未来の実現を目指すクライメートテックカンパニーbooost technologies株式会社への出資について

株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:笹原優子、以下、NDV)は、同社が運用するファンドを通じて、CO2排出量可視化クラウド「ENERGY X GREEN」等を開発・運営するbooost technologies株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役: 青井 宏憲、以下、booost technologies)に出資を行いました。

booost technologiesは、「次世代に誇れる未来を創造し、社会のために役立つテクノロジー集団」であることをビジョンとして掲げ、カーボンフリーな未来の実現を目指して、CO2排出量の可視化やレポート化が可能なクラウド型プラットフォーム「ENERGY X GREEN」を提供しています。
近年、世界的な平均気温の上昇を背景に、国内外で気候変動による災害が多発しており、地球温暖化への対策が国際的に急務となっています。その原因とされるCO2などの温室効果ガスは、日々の経済活動や日常生活から排出されており、この削減が国際的に求められる中、2020年10月、政府は2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする「カーボンニュートラル」を目指すことを宣言しました。
booost technologiesが提供する「ENERGY X GREEN」は、企業活動におけるCO2排出量の可視化や脱炭素ロードマップの策定・進捗管理、非化石証書の購入やCO2フリー電源の調達を通じたカーボンオフセットのほか、国際イニシアティブ(RE100、SBTi、TCFD等)の報告レポート作成など、計画策定から実行・管理までカーボンニュートラルを目指す企業の取り組みを総合的に支援するクラウドサービスです。
企業は本プラットフォームに事業所や店舗ごとの電力使用量データ等をインプットすることで、CO2排出量の自動算出や、事業所や店舗、子会社などを含むグループ単位での脱炭素計画の立案が可能となります。また、クラウドサービスの特徴を生かして、企業は自前のシステム構築などを行うことなく、カーボンニュートラルへの取り組みを始めることができます。

NTTでは、2021年9月28日にNTTグループの新たな環境エネルギービジョン「NTT Green Innovation toward 2040」を策定し、再生可能エネルギーの利用拡大や、IOWN導入による電力消費量の削減に向けた取り組みを進めるなどNTTグループ自らのカーボンニュートラル実現をめざすとともに、社会のカーボンニュートラルに貢献する新たなサービスの提供にも取り組んでおり、booost technologiesとの連携がこれらの取り組みを加速させるものと期待して、今回の出資に至りました。
今後、NDVはbooost technologiesとNTTグループの連携支援を通じて、スタートアップとともに社会課題であるカーボンニュートラルの実現に取り組んでまいります。

■booost technologies株式会社について
会社名  booost technologies株式会社
所在地  東京都千代田区永田町2−11-1 山王パークタワー
代表者  代表取締役 青井 宏憲
事業内容 CO2排出量可視化クラウド「ENERGY X GREEN」等の開発・運営
URL https://booost-tech.com/
※掲載されている社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ
TEL:050-9012-1900